特集「蓬の郷」

HOME > 特集 > SISIPEDIA > 2015年1月 > 特集蓬の郷

【蓬の郷】名水百選の湧き水に浸かる最高の贅沢

一日の湧水量3,500トンもの豊富な水量を誇り、平成の名水百選に選ばれた「普現堂湧水源」から水を直接引いて水風呂にしている温浴施設「蓬の郷(よもぎのさと)」。 自然の中で美しくのどかな親水公園に隣接した場所で、ゆったりとお湯に浸かりながら癒しの空間を満喫することができる蓬の郷は、志布志で市民に最も親しまれているお風呂といっても過言ではなく、木造りの浴場はなんとも言えない温かさがあり来る人に癒しを与えてくれる。また、野菜、民芸品などを始めとする沢山の特産品、美味しい食事なども豊富で、「普現堂湧水源」もふくめて志布志に来たならぜひ一度は訪れて頂きたい場所。今回は「蓬の郷」創業当初より従業員として従事され、現在は代表取締役社長である谷口芳隆様にお話をお伺いしました。

「蓬の郷」の一番の魅力とは?

「まずは従業員の飾らない応対だと思います。田舎のおじちゃん、おばちゃんの愛想のよさ、柔らかさ。挨拶や応対が蓬の郷はいいですね、というお客さんからの声をよく耳にして嬉しいです。あとは、水が綺麗です。この地域、普現堂というところは水が豊富なところなんですよ。名水百選(全国百のうち鹿児島県内に四ヶ所、そのうちの一つ)に選ばれた水を使って水風呂にしています。名水を水風呂に直接引っ張っていますから、名水の源泉に入れます。年間通して温度も一定で冷たくて、お風呂を利用される方にすごく喜んで頂いていますね。」

スクリーンショット 2014-12-14 17.16.56.jpgお客さまや施設への想いを熱く語る谷口社長

スクリーンショット 2014-12-14 17.13.46.jpg名水百選の水に直接入れる水風呂は気分爽快

スクリーンショット 2014-12-14 17.15.01.jpg浴場の名前をはじめ、秋に綺麗な水辺に集まるトンボが場内にあしらわれている

蓬の郷の販売所は「お裾分け」の心からはじまった

「よく言われる地産地消ではあるんですが、「蓬の郷」では取り組みが他とはちょっと違っています。生産者の方が自宅で作って作り過ぎ、余った分をお裾分け、他の人に食べてもらおうかな、どこか持って行くところはないかな、というのがここでの販売の始まりなんです。「蓬の郷」に持っていけば少しはお小遣いにもなるし、作ったものが無駄にならずに喜んで食べてもらえるし、ということで、どんどん取り扱いが広がって、生産者の生きがいにもつながっています。その中でも、新鮮な野菜が一番の売りですね。朝採れたものを生産者の方がすぐに持って来られて販売していますからそれが大きいと思います。」

スクリーンショット 2014-12-14 17.12.00.jpg朝の採れたて野菜がたくさん並ぶ販売コーナー

R0001630.jpg明るく愛嬌のある応対がとても嬉しい

スクリーンショット 2014-12-14 17.14.46 - コピー.jpgオニヤンマの湯、ラジウムのトゴール湯が楽しめる

スクリーンショット 2014-12-14 17.15.34.jpg赤トンボの湯、檜風呂やミストサウナがある

運営における他社との違い、目指すべきところなどをお聞かせください

スクリーンショット 2014-12-14 17.12.49.jpg「住民主体の福祉の施設、利用する住民のための憩いの場として当初立ち上げられたことが大きいですね。営利目的ではないんです。お風呂に入ってゆっくりして頂いて、癒しを追求してもらう施設だという想いがまずある。時代の流れで、指定管理者制度が始まったり、民間として株式会社化したりということがあり、民間企業として赤字では運営できないですが、かといって、営利ばかりには走らない施設なんです。利用されるお客さんがまた来てお風呂に入りたいとか食事をしたいとか、足を運んでもらうことを何より大切にしている、これはオープン当初から変えないでやっているところです。」
「指定管理者制度で請け負う業者さんは通常、儲けを生むためにやっている訳で、儲からなければできませんといって途中でもすぐに撤退する、これが世の中の流れだと思います。他と比べて私たちが大きく違うのは、この場所を経営をするための会社ですから、自分たちにはここしかない。この指定管理をやめても他は無い訳ですから、だから他の業者さんとは違うんです。利益を求めて、施設を選んでいる訳ではない。私たちはここがオープンするときからの職員ですので、この施設はもう自分の家と一緒ですよ。どこが調子が悪いとか、どこが壊れたとか、自分の家だと思って日々やっているものですから、当然、愛着、思い入れがあるんです。」
「お風呂は一日の疲れを癒やす、汗や汚れを流す、だから夕方から入るというのが普通だと思うんですよね。一方で、お昼前から入れるというのは時間的にも経済的にも余裕がある方、どちらの方々にもここに来てゆっくりできるような施設を目指していきたいですね。お客さん自体は減ってはいないですが、燃料、電気、円安による原材料の高騰がありますから、経営面ではかなり厳しいところもある。色々な工夫をして運営しています。」

「蓬の郷」の沿革について

「運営開始から今年4月でちょうど20年目になりますね。平成7年の有明町時代に、町役場、商工会、森林組合ほかで管理組合を作り、町長が組合長、私たちが職員として運営を始めました。その後、国の指定管理者制度の下で、管理組合が有明町から指定を受けて管理を任され、更に合併して志布志市になった後、管理組合を解散、平成21年11月に従業員みんなで株式会社を立ち上げて、翌年4月より株式会社蓬の郷での運営となり、今に至っています。」

入社のきっかけは?

「有明町生まれで、この施設に縁あって採用して頂きました。創業当初、役場から出向で「蓬の郷」の支配人をしていた方に、接客から経営、仕事の考え方、色々とご指導を受けました。今あるのもそのご指導のおかげだと思っています。」

先輩方からの教えの中で一番大切にされていることは?

「やはりお客様第一という考え方ですね。楽をしようとすれば自分たちが都合の良いように解釈してしまいがちですが、お客様のことをまず考えて動けばそうはならないということです。もちろん対応できることには経営面からみて限界があるのですが、原則はお客様を最優先するということ。「蓬の郷」には、お風呂、売店、さらには食堂があります。食堂というのは食べて美味しいというのが一つのバロメーター。一番気になるのはお客さんが帰った後、食べ残しがあるかどうか、あれっ今日はあまり食が進まなかったのかな、ということを常に意識しています。」

志布志の魅力は?

「三町が合併して、志布志、有明、松山のそれぞれの良いところが出て調和が取れていると思います。三つが協力しあって、良いところを伸ばしていくまち、志で運営しているまちということが志布志の良さではないでしょうか。」

fugendo.jpg隣接する親水公園、約2000本植えられたあじさいが見ごろとなる梅雨時には「あじさい祭り」が開かれる

谷口社長の志

スクリーンショット 2014-12-14 17.16.38.jpg「私の下には従業員がたくさんいます。その従業員の生活を守っていく、なおかつ、ここの施設を立ち上げていただいた先輩たちの想いを後世に伝えていく、これが私の仕事です。私の時代で終わらせないように、これをずっと繋げていく、志布志の、有明の「蓬の郷」がずっと残っていく施設であって欲しいです。」

 ※クリックすると拡大写真を順番に見ることができます

スクリーンショット 2014-12-14 17.13.04.jpgお湯は無色透明、湯船からは豊富なお湯が溢れています

スクリーンショット 2014-12-14 17.15.18.jpg神経痛、リュウマチ、腰痛、打ち身などに効果があります

スクリーンショット 2014-12-14 17.13.25.jpgミストサウナは入浴と同じくらい身体を温めてくれます

スクリーンショット 2014-12-14 17.14.28.jpg毎晩心をこめて綺麗にしています

スクリーンショット 2014-12-14 17.12.30.jpg売店には新鮮な野菜や卵のほか、特産品が多数

スクリーンショット 2014-12-14 17.15.54.jpg地元の新鮮な旬のものばかり

restaurat_1.jpgレストラン「せせらぎ亭」、地元の新鮮な食材を使ったお料理を味わえます

スクリーンショット 2014-12-14 17.12.16.jpg落ち着いた和室でゆっくりとお召し上がりいただくこともできます

unagi.jpg地元産のうなぎを使った「おひつまぶし」、人気の定食です!

施設概要

施設名
蓬の郷(よもぎのさと)
営業時間
午前6:30 - 午後9:00
定休日
毎月第2・第4水曜日
浴場情報
赤トンボの湯 (桧風呂、水風呂、ジェットバス、電気風呂、リラックス湯、うたせ湯、ボディシャワー、ミストサウナ(ラドン浴)、遠赤外線サウナ)
オニヤンマの湯 (トゴール湯(ラジウム温泉)、水風呂、ジェットバス、電気風呂、リラックス湯、うたせ湯、ボディシャワー、遠赤外線サウナ)
その他施設
レストラン「せせらぎ亭」(※)、売店、大広間、休憩室、トレーニングルーム、パターゴルフ場

※ご宴会、お祝い料理等の内容を事前に打ち合わせし、ご満足いただける御料理を提供させていただいております

 【料金表

1回入浴料(当日のみ)
一般(含む高校生)   300円
児童生徒(中学生以下) 200円
乳幼児(3歳未満)    無料
1日入浴料(当日のみ)
一般(含む高校生)   500円
児童生徒(中学生以下) 300円
回数券
入浴料11枚綴り    3,000円(期間制限なし)
休憩室
大部屋   3,000円
中部屋   2,000円
小部屋    500円


アクセス

所在地
〒899-7503 鹿児島県志布志市有明町蓬原351番地3
電話番号
0994-75-2626
駐車場
200台無料駐車場完備
地図